インプラントとは

従来の治療法では、人工の歯を用いることで、歯茎の上の歯冠は回復できても土台である歯根は回復できませんでした。
インプラントでは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作ります。入れ歯のように歯茎に義歯を乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨が痩せるという心配もなく、また、従来のブリッジのように、健全な歯を削る必要がありません。
インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。
インプラントの素材には、チタンという金属が使われており、チタンは最も「生体親和性」があり、良いとされています。チタンという金属は外科などの医療現場で骨折の固定ボルト等、ごく当たり前に使われている体に安全で最もアレルギーの少ない金属です。

インプラントの仕組み

インプラントは、アゴの中に埋め込むフィクスチャー(歯根部)、歯の部分にあたる上部構造(歯の部分に相当する)、それらを連結するアバットメント(支台部)の3つの部分から構成されています。素材には、人体になじみが良いチタンが一般的に使用されます。
インプラントの代表的な形態には、棒状タイプと板状タイプがあります。昔は板状のブレードタイプが主流でしたが、棒状タイプが登場してからは、手術がシステム化され、患者さんにも負担が少ないということで、インプラント治療は板状タイプから、棒状タイプに移行しました。

インプラント治療の流れ

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。インプラントを埋入したあと、歯肉で覆い、オッセオインテグクレーション(インプラントと骨の結合)が得られるのを待ちます。通常の治癒期間は3〜6ケ月 この間は仮の義歯を使用することができます。
インプラントが完全に顎の肯と結合したら、アパットメントを連結します。この状態で歯肉か治癒するまで、個人差はありますが、1〜6週間ほど待ちます。
歯肉の治療後、補綴物を作るための型取りをします。歯の形や色などを決めて、補綴物が完成したら、アパットメントに装着し固定します。

スポンサードリンク

インプラントのメリット

入れ歯では得られない安定感が最大のメリットと言えましょう。インプラントにすると固いものでも問題なく噛むことができ、異物感や発音障害も解消できます。また、ブリッジのように歯を削る必要はありません。見た目も天然の歯と同じで、自信を持って食べたり、飲んだり、笑ったりできます。 完成したら、アパットメントに装着し固定します。